忍者ブログ

[140]  [138]  [136]  [134]  [132]  [131]  [129]  [127]  [126]  [124]  [122

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

[12/18 ユカリ]
[04/24 ユカリ]
[03/13 新婦です]
[03/04 ゆーき]
[02/18 yocchin@むすめ]

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
とくちゃん
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R

アクセス解析

カウンター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[PR]
終戦記念日でもありますし、一時でもかまわないのでこの日は、御先祖様はもちろんこの世を去られた知人や悲惨な戦死をされた人を想う時間を持つ日にしなければと思います。

毎日仏壇やお墓に参るのが一番でしょうが、状況的に無理ならば、せめて亡き人の生前の生きざまに思いを馳せ、偲びつつ感謝して南無阿弥陀仏を唱え手を合わせる。

そうして、この世でそれぞれに生きた証を私達残された者達がいつまでも心にとめておくことが、一番の供養ではないかと私は思いますので。私はなるべく、毎日お風呂で湯船に浸かって無になった時や、一日の終わりの、床に就いて眠りに入る前に、無になって離ればなれで暮らす娘達のその日一日の無事と、夫と私が無事に過ごせた事に感謝して、亡き親族や知人に思いを馳せ偲ぶ時間を持つように心がけています。

結局は自己満足なんでしょうが、そうしている事で、無宗教で仏の弔い方も神の祀り方もいい加減で自己流な私でも、せめてもの、させていただける事ではないかと。

もちろん、つい先日この世を去った愛犬マーフィーも動物とはいえ、我が家の歴史を飾る一員としていつまでも思い出して忘れ去ることのないようにそうしたいと思います。

でもまだ今は、マー君のいなくなったガランとした玄関に置いたままにしてある、まだ洗わないでいる胴着と首輪から漂う残り香に、居ないはずのあのこを感じているので、あのこに思いを馳せるにはまだ時間がかかりそうです。


                            

拍手[1回]

PR
お盆ですので。

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS